びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2013年11月4日乗車】急行中山道トレインに乗ってきました(+急行いせ)
sDSCN888712.jpg
2013年秋に371系で運行された臨時急行列車「中山道トレイン」。
11月に本州方面に行くことがあったので、あさぎりやホームライナー浜松5号で幾度となくお世話になった個人的には好きな車両ということもあり、運行最終日に乗ってきました。

sDSCN8889.jpg
まずは奈良井行を鶴舞駅にて撮影。18きっぷ使いな元名古屋民からすれば371系と言えば夜間のホームライナーで乗ることが多いためか、日中に走ってる姿が妙に新鮮に見えたり。

sDSCN8957.jpg
その後、水どう祭りで藤やんの口からあったように今年度で店を閉めてしまうラディッシュ(水曜どうでしょうの対決列島にも出てきました。)などを訪問しつつ、恵那へ。

sDSCN8961.jpg
時間があれば明知鉄道に乗って連絡硬券で復路の中山道トレイン乗ろうかとも考えましたが時間切れで断念。
そういえば、窓口では使用済み硬券の詰め合わせなるものも売ってたりw

sDSCN8981.jpg
そんなこんなしているうちに復路の中山道トレインが到着。

sDSCN8985.jpg

sDSCN8993.jpg
幕は臨時。

sDSCN9051.jpg
HMには特製のものが。

sDSCN8996.jpg
名古屋まで1時間ほどとはいえ、せっかくなんで急行のG席に乗ることにしました。

sDSCN9045.jpg
※名古屋到着後に撮影。
1年前のあさぎり以来のG席。やっぱり座席の淡い色使いといい、100系のG車っぽくて個人的に好きですね。座席自体もふかふかですし快適極まりないですわ。

sDSCN9037.jpg
リクライニングも結構な角度まで倒れたり。

sDSCN8992.jpg
最終日の最終便ということもあってか、車内はほとんど満席だったんで軽く車内探検してG席を味わうことに。
まずは、ワイドな前面展望。

sDSCN8998.jpg
続いて3,4号車端にある売店。
末期のあさぎりやHLでは営業されている姿を見たことが無かったのですが、こういった臨時観光列車では木曽エリアの特産品などを販売する形で営業していましたね。

sDSCN9016.jpg
おしながき。限定ストラップ等もあったり。

sDSCN9025.jpg
木曽の地ビールや特製のプリンをメインに売り出してましたね。

sDSCN9031.jpg
売店横には日付付きの乗車記念プレートが。
乗車証明証(写真左下)の方も配布されていましたね。

sDSCN9015.jpg
最後に。ここ4号車売店(デッキ)天井に「リラックス、デラックス、新『あさぎり』」と書かれた電照広告があったんですが、さすがにあさぎりから引退したということもあってか無くなってましたね。

sDSCN9060.jpg
臨時スジだったので、あさぎり時代の小田急線内のノロノロ運転を思い出させるような走りのまま1時間10分ほどかけて名古屋に到着。
しばらく371系に乗ることもないと思っていただけに、この落ち着いた車内にまた触れ合えることができて楽しめましたわ。
また、名古屋圏で臨時列車として活躍してもらいところです。


sDSCN9072.jpg
そして、翌日。式年遷宮に合わせて運行されているキハ85の急行いせを見に行ってきました。
といっても、乗ったわけじゃないですが(

sDSCN9079.jpg
特製の専用HM。この神宮を背景にしたものは個人的にも好きですね。

sDSCN9075.jpg
側面はただの臨時幕。

sDSCN9081.jpg
というわけで、秋の東海の2大臨時列車ネタは以上です。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

【2013年8/10乗車】臨時特急北斗星に乗ってきました+α
HH0810DSCN7988133324532.jpg
8/8上野発の下り北斗星が北東北及び道南地区の大雨の影響で翌8/9に函館で運転打ち切りとなったため、8/10にこの列車の札幌までの回送も兼ねた1レスジでの函館~札幌間の臨時特急が運行されました。
上の写真(琴似にて撮影。)のように、HM無しの北斗星が運行されると当日朝に知り、最初は撮るだけにしようかなあ?と思っていたのですがどうやら自由席特急券で乗車できるらしいとの情報を聞きつけ、

これは乗るしかない!!

というわけで南千歳→札幌の短い間ではありますが、3年ぶり2回目の北斗星に乗ってきました。

HH0810DSCN7899.jpg
南千歳の発車掲示板。
いつもなら1041発の札幌行は北斗星と表示されるのですがこの日はちゃんと臨時特急となっていました。

で、念のため南千歳の駅員氏に自由席特急券でこの臨時特急に本当に乗れるのかどうか聞いたところ・・・
大丈夫との返答もあり乗れることが確定となりました。

※ちなみに返答を聞く際に目を通していた通達には、自分の記憶が正しければ・・・
①客扱いは1~6,11号車に限る。(但し通路やデッキはその限りではない。)
②1,2,11号車の開放型B寝台は下段座席のみ使用。各上段にリネン積み込み。
③3~6号車の個室も開放。(話を聞く限りどうやら函館の始発から乗車した方優先だった?模様。)
④6号車ロビーも開放。
⑤ヘッドマークは機関車に積み込み。

などのようなことが書いてありました。

HH0810DSCN7906.jpg
そして定時で臨時特急北斗星到着。
側面行き先標は臨時になっていましたね。

HH0810DSCN7958.jpg
(※写真は札幌到着後に撮影)
乗り込むと車掌氏に開放Bの方の席も空いてないと言われ、ロビー室or7号車食堂車の空いてるところに座ってと言われたので、まずロビー室へ。
ところが、ここもほぼ満席状態だったためお隣の食堂車へ。

HH0810DSCN7918.jpg
というわけで、食堂車「グランシャリオ」へ。
3~4名ほど先客はいましたが、ほぼ貸し切り状態で乗車できるのは定期便含めても無いんじゃないかな。

HH0810DSCN7914.jpg
せっかく3年ぶりに北斗星に乗ったことですし、少々車内探検のほうを。
これは6号車ロビー室併設のシャワー室。
3年前乗った時にはカードの磁気不良で1回目湯が出ないハプニングにみまわれた忘れもしない(?)シャワー室ですね、すごく個人的な話ですが(

HH0810DSCN7908.jpg
9号車B寝台ソロの通路。JR東日本担当車なので電子ロック式になってますね。

札幌着まであまり時間がなかったので、あとは11号車の開放Bで生徒会の一存(1期)の車内カットを回収しようとは思ったんですが、さすがにほぼ満席だったので自重・・・・

HH0810DSCN7942.jpg
残りの時間はのんびりとグランシャリオで過ごすことに。
普段空港までの往復で見慣れている千歳線の車窓も、豪華寝台特急の中から眺めると非日常の風景に見えてしまう。そんな、車内の時間の流れ方も感じられたりw
そして、写真には写っていませんが厨房の方に冷蔵されているサッポロクラシックの誘惑がすさまじかったですねw自分もワインか何か持ち込んでればと後悔したり(何)

HH0810DSCN7945.jpg
しかし、この空間にまさか乗車券と自由席特急券だけで乗る日が来ようとは思ってもいませんでしたよ。

HH0810DSCN7966.jpg
そんなこんなで、1列車のスジで走っているため通常の北斗星と変わらない乗換案内に続いて、最後の最後に臨時特急をご利用いただきありがとうございますという車内放送が流れ、札幌定時着。

HH0810DSCN7974.jpg
最後に、行き先標は基本的には臨時だったんですが・・・

HH0810DSCN7962.jpg
1号車だけ幕が壊れていたのか試運転の表示になっていましたねw


以上です。
まさかの形で2度目の北斗星乗車となりましね。そして、イレギュラーすぎる形で。
道内住んでいるうちにもう一度札幌上野の全区間乗っておきたい欲が再燃してきた、そんな日になりました。


<おまけ>

HH0810DSCN8005.jpg
同じ日、夏コミのために上京する前に札幌に到着する特急ワッカ号だけおさえておくことに。
もう、しばらく道内帰ることもありませんでしたしね。

HH0810DSCN8016.jpg
先頭車側面。アイヌ語でワッカとは「水」を示す言葉だそうで、清流「尻別川」の象徴であるイトウをモチーフにしたラッピングがなされていました。

HH0810DSCN8006.jpg
HM。

HH0810DSCN8012.jpg
シール式の行き先標。

HH0810DSCN8015.jpg
昨年のヌプリ号や旭山動物園号でおなじみの記念撮影用シートはこのワッカ号にも顕在でした。
これは1号車の春のキタキツネの草原をイメージしたものなんだとか。
今年は去年のヌプリ号のように乗車する機会が無かったので外からになってしまいましたが・・・・

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

SKY909便(関空→新千歳)に780円で乗ってきた
※車内探訪の記事に入れてしまったけれど、半ば今回のは搭乗レポになっております。

というわけで、3月下旬に実家のある名古屋から札幌に帰る際に、たまたま2か月前早打ちで取れてしまった関空から新千歳への780円という格安チケットを利用してきた模様をざっくりとお届けしたいと思います。
さらに、関空から同じく運行されているPeachとの比較も少し交えておきました。



・・・・・てか、ホンマにこんな価格で乗って大丈夫なんやろか?とも思っていたりね(・・;)

DSCF7647 SKYKIX

さて、3月下旬某日、上の780円の引換券を持って関空へ。

関空のスカイマークのカウンターは、JR、南海の関西空港駅と平行移動できる2Fの中央付近にあるというLCCの中でも破格の待遇の位置にあります。
エアロプラザ内(暫定ターミナル)のこじんまりしたところにカウンターのあるPeachとは待遇に差がありすぎますねw

map SKYKIX

上のような感じにw(関空の空港内mapより引用)

DSCF8265 SKYKIX

さらに、スカイマークの搭乗口は国内線ターミナル内にあるのに対し・・・・

DSCF8249 SKYKIX

Peachの搭乗口は左奥のプレハブ小屋(暫定措置のもの)なんですね、2012年4月現在。どうしてここまで差がついたし・・・・(

DSCF8267 SKYKIX

そして、搭乗。案の定関空便は那覇~新千歳まで運用があり、かつダイヤも詰まっているため遅延が多発していたようで・・・僕が乗った時でも1時間ほど遅れて出発となってました。

DSCF8266 SKYKIX

機材は、SKYおなじみのB737。ウイングレットもついておらず、コンセント付きのスカイインテリア機材ではありませんでした・・・・

DSCF8279 SKYKIX

機内。この日は平日とはいえ、ほぼ満員でしたね。
780円だからといって何か不遇な仕打ちを受けたりってこともなく(何)、普通のSKYの空の旅でしたね(中々泣き止まないガキがいたりと機内はうるさかったってのもあったけど・・・・)。フライトが夜間ってこともあってか、特にすることもなくラノベ読んだりと・・・・そんな感じでした。
座席の幅も、3月に福岡へ飛んだ際に乗ったPeachのA320よりも多少は広かったですし、780円という価格でもPeachと異なり荷物受託手数料もかかりませんし、事前座席指定料もかかりませんでした。わずか数席のキャンペーン価格とはいえ、サービス面では(SKYの780円とPeachの250円+その他手数料・・・の2種類のキャンペーン価格での比較ですが・・・)Peachよりもスカイマークの方が利用しやすいかな?そんな感想を持ちましたね。

ただ、スカイマークの関空便は慢性的に遅れが出るので、そこが改善点だったりもしますがw
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。