びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201108<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201110
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W東日本パスの旅、その12、最終回~ハコダテリベンジ~
2011年7月18,19日(月,火曜)

W東日本パスの旅、その11~海底駅ツアーでの誤算~の続きです。

みなさん大変お待たせしました。ブログの名前をたびにっきと銘打っているくせに最近では舞台探訪の記事ばかりじゃなイカ?!と一般の方からクレームが来そうなんですが、別に旅行記のことを忘れていたわけじゃないんだからね!ではありません。単に実家のパソコンでやると、札幌の自宅のパソコンより作業効率が悪く、やる気が起きなかっただけです。

・・・と半ばどーでもいいまえがきはここまでにして、はじめますか!


さて、竜飛岬にも時間の都合上行けず、トンネルツアーのついでにクラナドアフターの巡礼を試みようとした作戦が失敗に終わり、凹んでいたワタクシは、ツアーで偶然知り合ったtroppy_Kさんがこれから北海道を周られること、さらに明日朝にはまなすで札幌着くところまでスケジュールが全く同じであることを聞き、札幌まで同行させていただくことに。

DSCF9376.jpgDSCF9378.jpg

竜飛海底1646→木古内1713 特急スーパー白鳥25号 789系

さて、次来る機会があるかわからない竜飛海底駅とお別れ。

この後、最深部のライトなど見どころはあるのですが、撮るのに失敗orz
そういえば、この時troppy_Kさん北海道初上陸だとか。

DSCF9381.jpg

さて、18きっぷ同様、蟹田から木古内までは特急に北海道&東日本パスでも運賃だけ、すなわち特急料金なしで乗れるので、竜飛から函館まで乗りとおすよりも格段に特急料金が安くなるんで、木古内下車。北海道新幹線用と思われる高架の建設も進んでいました。

で、一時間待ちだったのですが・・・・木古内駅前もこじんまりしてて、小さな漁村てな感じ。歩き回るようなとこもなかったんで萩の月食べたりして暇つぶししました。

木古内1810→函館1853 特急スーパー白鳥27号 789系

結局、魔改造の奴には乗れませんでした。鹿児島線特急つばめで八代から川内に向かう時のリアス海岸にも似た海岸線を眺め、やがて函館山が見えてくるとあっという間に函館市内に突入。

DSCF9384.jpgDSCF9385.jpg

五稜郭駅付近。快速海峡に使われていた客車やキハ56が留置されたまんま。そして、五稜郭駅では、ここで方向転換する大阪行きのトワイライトと離合。

いつか乗りたい・・・・でも寝台料金だけでスカイマークのネット割よりも高いからなぁ・・・

DSCF9387.jpg

は~るばる来たゼはこだてぇぇぇぇ~!!!とオイラは言っていませんが(笑)

この旅二回目の函館。SL大沼号についてるバーベキューカーや客車もいたな。


さて、唐突ですが、この「ハコダテリベンジ」というタイトルをつけた理由を述べておくと・・・
1:前回1年前にぐるり北海道フリーで来た時に、ラッキーピエロでバーガーを食いそこなったから。
2:前回来た時、氷点下の函館山で撮影したため、夜景がブレブレだったため再撮したいから。

と、この2点ですね。この時troppy_Kさんは夕食何食べるか決めてなかったので、まず噂のラッキーピエロへ行くことに。

DSCF9388.jpg

函館市電。この車両ではありませんが、これで五稜郭方面へ。

DSCF9389.jpg

ラッキーピエロ 五稜郭公園前店であります!画像見るともっと奥まで店内が続いてるかと思いきやあれはミラーなんやな・・・と納得する我々w

DSCF9391.jpgDSCF9392.jpg

ご存知ラッピといえばチャイニーズチキンバーガー!案外でかい!ただ、絶賛するほどのうまさではないけど、某Mマークのチェーンの店のメニューと変わってくれへんかと思った。あと、函館出身の奴がカレーもそれなりに美味いと言ってたんでそれもめしった。

てか横の張り紙w
準団員→正団員→スター団員→スーパースター☆団員てwwww

某SOS団ではスーパースター団員なんているんかな?そんな称号もらう前に団長になってしまいそうやけどw
あ・・でも純ちゃんは欲しいか!スーパースター☆の称号ww

この後、函館駅に戻り、なんとか函館山行き直行バスの21時発最終便に乗れて、いざ2度目の函館山へ!

あ・・・市電・函館バス共通1日,2日乗車券で函館山行きのバスは乗車可能です。てか函館山往復と五稜郭行くだけで得になります。
あと、時間が遅かったからか、バスは空いていて徐々に上っていく様がよくわかりますし、夜景も見れますしなかなかいいですよ、バス登山も。ロープウェイでは見られない角度から夏の季節にしか見られない漁火が見れましたし!
ただ、バスのガイドさんが「日本三大夜景の中でももっとも美しい函館の(ry」と説明されていた時に長崎出身のtroppy_Kさんはカチっ(--#)ときてましたが・・・そりゃ地元より上ダって言われるとムカっときますよね。なお、troppy_Kさんによると「函館の夜景は広がりがすごいけど、長崎の夜景は登ればどこからでも見れるよ」とガイドの弁に反論。確かにそうです。もっとも8月終わりに長崎行ったときに実感することになるのですが・・・

ところで・・・我々の山頂での滞在時間たった20分なんですよね。だってこのバスの折り返しが函館山発最終ですから(汗)

というわけで急いで、かつ堪能して撮影!

DSCF9397.jpgDSCF9398.jpg

おおお!綺麗や!

左は函館港、右のはお決まりのアングル。夏だから曇っていて見れないんじゃなイカっていう不安をかき消してくれるほどの夜景!やっぱ美しい!

DSCF9403.jpg

東寄り。右に見えている白い光が漁火です。はまなすの車内からガラス越しで見るより輝きがあるな~。

一応バッチし抑えれたし、リベンジせーこー!!!

DSCF9413.jpg

さて、わずか20分の滞在後函館駅へと戻ってきた我々ですが、

函館バスさん、「すいません回送中です」って謝らんでもww

なお、バス好きのtroppy_Kさんによると地方の人の中には回送っていう行き先があると勘違いすることもあるからこうなっているとのこと。八戸には幕で書いてあるのもいるらしいwww

DSCF9414.jpg


さて、札幌行きのはまなすまで残り3時間。既に函館駅の待合のベンチには寝ている人が多数!なんかシュールだな・・と口をそろえる我々・・・

PSPに入ってるピンドラで生存戦略をオイラが布教したり、北海道にはファミマが50店舗弱しかないことに愕然としたり、明日の一般教養のテスト勉強したり・・・・・

3時間も難なく経過し、はまなすの改札が始まり、オイラはカーペット、troppy_Kさんはドリームへと別れて乗車!オイラの席は行きとは異なり、下段の真ん中と一番グレードが低かったけど。

函館0123→札幌0607 急行はまなす 

DSCF9417.jpg

おやすみ!

DSCF9418.jpg

おはよ~おはよ~! 霧で30分遅れて到着。

ここで、troppy_Kさんとお別れ。よい旅を!(←今更遅いwww)

そして、これにてW東日本パスの旅完結!



さーて、1限から一般教養のテストだぁ・・・やべぇ・・(汗)



関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。