びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201512<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>203701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天体のメソッド【舞台探訪(聖地巡礼)記事まとめ一覧】
sorameso1320150426-212359.jpg
このページは、2014年秋アニメ『天体(そら)のメソッド』の弊Blogの舞台めぐり記事のまとめとなります。
インデックスとしてご活用ください。

作成した記事群は、メインの舞台・北海道の洞爺湖町、札幌市だけではなく、7話「私のなくしたもの」にて出てきた香川県の予讃線豊浜駅や東京都内のカットなども実際に訪問し、その模様も収載しております。
以下、このページのご案内及び注意書きになります。

☆☆【記事のスタンスについて】☆☆
・当Blogでは話数別ではなく、場所・地点ごとに記事を各々構成しております。
・洞爺湖エリアではさらに細かく6箇所に分けて紹介してあります。
・コミカライズ版に関しては収載は今のところ予定はしていませんが、そのうちやれればなと考えております。
・また、ネタバレはそこまではしていないつもりですが、一応全13話分の内容を随所に織り交ぜております。ご承知おきください。


☆☆【記事ラインナップ】☆☆
●北海道・石狩地方
札幌編(1~13話) ←北美中学校(赤レンガ庁舎)、大通公園など。

●北海道・胆振地方(洞爺湖温泉街エリア)
洞爺湖温泉-街中編-(1~13話) ←霧弥湖温泉バスターミナル、のぞみ亭など。
洞爺湖温泉-湖畔編-(1~11話) 
金比羅山・西山編 (ED,3,4話) ←3話のオリエンテーリング登山の舞台。

●北海道・胆振地方(洞爺湖エリア広域)
壮瞥町編(1~13話) ←天文台やしいはら本舗の建物モデルなど。
洞爺湖北部(旧・洞爺村)・西部編 (1~13話) ←5話で花火をした桟橋など。
内浦湾-虻田・豊浦-編 (ED,7話) 

★14話OVA(壮瞥・洞爺湖温泉街・湖畔)
14話+α 夏の洞爺湖(壮瞥・温泉街・湖畔・北部) ←本編(13話まで)の夏景色の一部も掲載。

●関東地方
東京 -初台・銀座- 編(7話)

●中国・四国地方
香川・豊浜編 (7話)


☆☆【公共交通機関のアクセス(洞爺湖方面)】☆☆
他の記事でも言ってきましたが、洞爺湖エリアの舞台を一通りめぐるには基本的に車推奨です。
ですが、洞爺湖方面の訪問の半分くらいは列車とバスで巡った身でもありますので、そのあたりについていくつか。

まず、札幌や新千歳空港方面から日帰りで行くなら、鉄道(JR北海道)ですと土休日などに使える「一日散歩きっぷ」(2016年度では冬季を除いて販売。)、また青春18きっぷシーズンなら18きっぷを利用して、普通列車で洞爺湖方面の最寄り・洞爺駅や伊達紋別駅へと向かうのが比較的コスパの良い行き方です。札幌からですと朝6時台に出れば秋~冬場でも5~6時間は日が出ている間に、洞爺駅→(冬季は閉鎖される西山・金比羅山)→温泉街→壮瞥町方面を巡ることも十分にできますしね。
ただし、普通列車や接続する道南バスの本数はあまり多いとは言えない(日中は1~2時間に1本はザラ)ので、時刻に関しては事前に調べておきましょう。

次に、札幌⇔洞爺湖温泉・豊浦線の路線バスを利用して、札幌からとうや水の駅や浮見堂公園も訪れるのも可能なんですが、水の駅から温泉街方面へと向かうバスが札幌・洞爺湖温泉線を除けば一日4~5往復しかないため、洞爺湖北部(旧・洞爺村)はバスを使ってめぐるのはあまり現実的ではないと思われます。
このくらいでしょうかね?無論、北海道内の特急が乗れるフリーきっぷを持っている場合は特急列車で行くのが最善だとは思いますが。


◆◆舞台探訪(聖地巡礼)マップの見方◆◆

赤点:アニメ本編に登場した箇所(以下の地点以外の)。
黄点:洞爺湖温泉-街中編-に登場した地点。
緑点:洞爺湖温泉-湖畔編-に登場した地点。
茶点:BD修正版にて登場した地点。
青点:放送前PVやキービジュアルなどその他要素として登場した地点。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:聖地巡礼の旅 - ジャンル:旅行

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。