びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201105<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃止前に十和田観光電鉄に行ってきた~七百駅編~
廃止前に十和田観光電鉄に行ってきた~三沢駅編~の続きです。

DSCF0126 十和田

7700系に乗ってまずは七百駅へ。
七百駅は十和田観光電鉄内唯一の交換駅、かつ車両基地(七百車両区)がある駅です。

DSCF0136 十和田

駅の側線には同じく東急から譲渡された7200系が。

DSCF0135 十和田

この7200系、両運転台改造がされてます。故にこのような不恰好な連結になっていると。

DSCF0132 十和田

反対側のモハ7305はこのような切妻型の前面に。

DSCF0133 十和田

三沢側にあったED300形。

DSCF0128 十和田

駅から十和田方面を見ると放置された車両群が。

DSCF0159 十和田

緑の色の車両はモハ3600形。これも東急から譲渡されたものらしいです。
一般運行から撤退した2002年に十和田の独自色から東急の緑一色に復刻させたのこと。
なお車内は物置になってましたけど・・・。

DSCF0196 十和田

こちらはED400形

DSCF0190 十和田

モハ3400形。十和田自社発注の車両です。全金属製なので、製造当初は東北の民鉄で「東北一のデラックス車両」なんて呼ばれていたのだとか。

DSCF0180 十和田

トラ300形貨車。

DSCF0173 十和田

DSCF0174 十和田

これらの車両、電鉄のイベント開催時などには駅構内で走行したりするのだそうです。

DSCF0138 十和田

駅舎。かつては有人駅だった趣きがありますね。

以上七百駅編でした。(因みに自分が七百駅付近に1時間滞在している間は雪が降っていたのですが、列車に乗った途端にやんで、晴れるっていう・・・)

十和田市駅編に続く
関連記事
コメント
コメント
十和田観光電鉄
こんばんは。はじめまして。
今となっては貴重なお写真、楽しく拝見させて頂きました。
一度は訪ねてみたいと思っていた路線でしたが、叶いませんでした。
車両は大井川鐵道で走り始めたようですね。一般の方は、まさか東京から青森に行き、そして静岡にきて、半世紀近く走り続けているとは想像もしないのではないでしょうか。
いつか、大井川の大きな風景をこの車両から眺めたいと思っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
2015/04/22(水) 00:09:21 | URL | 風旅記 #CofySn7Q [ 編集 ]
Re: 十和田観光電鉄
> 風旅記さん
こちらこそ、はじめましてなのです。

私自身も久方ぶりに十和田観光の写真を見返しましたが、ちょっと懐かしいですな。
東急からの転属から自社発注の車までバラエティ豊かな車両群が留置とはいえ揃っていたためか、色の比較的強い地方鉄道という雰囲気が漂っていましたし。
> 大井川へ渡った7200もあのカオスな車両群の顔ぶれの中で徐々になじみつつあるみたいですし、自分もそのうち行ってみたいですね。なんだかんだで、大井川は乗りつぶしもできていませんしね。
2015/04/25(土) 18:59:53 | URL | びーとる #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。