びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廃止前に十和田観光電鉄に行ってきた~十和田市駅編~
廃止前に十和田観光電鉄に行ってきた~七百駅編~の続きです。

DSCF0246 十和田

七百駅から移動し、十和田市駅へ。これで十和田観光線は完乗!
十和田市駅はホーム(画像左側)と改札のある駅ビルとの間に道路とバスターミナルがあるので、このように改札階の2階部分にホームと駅ビルを結ぶガラス張りの連絡橋があります。

DSCF0270 十和田

ホーム。片面1線のみ。

DSCF0274 十和田

駅名板。

DSCF0267 十和田

連絡橋。ホーム部分の古臭さとこの新しめに見える通路が対照的に見えますね。

DSCF0265 十和田

改札部分。薄暗く、寂れているようにしか見えない・・。

DSCF0258 十和田

1階のバスターミナル近くにあった駅への案内表示。この車両のピクトグラムは何の車両をモチーフにしたものなのだろうか?(個人的には485系や台湾の機関車にも見えるのですが・・)

DSCF0249 十和田

なお、駅ビル内にはいつの時代の絵だよwwwと思わせるようなものまで。
因みに、この駅ビル内には十鉄資本のスーパーなどが入居していたのですが、今となっては十鉄の旅行会社、郵便局ぐらいしかテナントが入居しておらず、空店舗が多いため、昼間でも薄暗い建物とあってか少々不気味にも感じたのですが・・・

DSCF0261 十和田

十和田観光電鉄の終端。
ホームが両端の道路に囲まれて肩身が狭いようにも見えました。

これにて、十和田観光電鉄のお名残訪問は終了!
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。