びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特急ヌプリ号を撮影
\ヌップリーン!!/

はーーい!ヌプヌリ(訳:ニセコ駅や蘭越駅できっぷ沼に堕ちる大作戦)、はっじまっるy(ry

・・・・と茶番もここまでにしておいて、皆さんお久しぶりです。
何せ、しばらくテストやコミケの原稿作りのためにblogにふれる時間もなかったもので。

そんなわけで、北海道から愛知に帰省する前にヌプリの写真だけは、おさえたかったので撮ってきました。

20120807_007.jpg

20120807_000.jpg

1枚目は桑園駅にて。2枚目は札幌駅にて。キハ183-200番台が先頭車、400番台が中間車に使われていました。先頭車の側面にはヌプリ号特製のステッカーが貼られていました。

20120807_002.jpg

ヘッドマーク。アイヌ語で山を示す「ヌプリ」をイメージしたものとなっています。(羊蹄山と駒ヶ岳かな?)

20120807_003.jpg

行先の幕も山線経由の表示に。このステッカー方式は北海道一周号のものと同様ですね。

20120807_004.jpg
20120807_005.jpg

中間車はキハ183系400番台が使用されていました。ちゃんと網ポケットにもヌプリ号の案内が入っていました。

20120807_006.jpg

ちなみに、ヌプリ号には旭山動物園号のハグハグチェア(撮影用の一般販売されない座席)のような、ヌプリシートなるものがあります。これは3号車のエゾヒグマの山シートです。旭山動物園号のように、座席全体をおおう動物の目がギラギラして発狂しているようではなく、かわいらしく作られているのは評価したいところです。

なお、どこかのニュースで見たのですが、ニセコエリアの要望でこのヌプリ号を北海道新幹線新函館(仮称)延伸後に、観光列車として常設してほしいというものがありました。それが実現して山線、海線の2系統の特急が走るようになることを個人的には楽しみにしていたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。