びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道東まりも追っかけドライブ旅 #1 ~夜行まりも、東へ~
というわけで、半年以上ぶりの旅行記となります。
2012年7月に、JRの北海道DCキャンペーンの一環で一往復だけ運行された急行まりも号を撮影しに行った時の模様となります。当初はまりもに乗りたかったのですが、そう簡単にチケットが取れるわけでもなく、乗れないなら撮りに行こうという身内のノリで、レンタカーを借りて行ってきた・・・といった感じです。
・・・・ちなみに、私含め4人で行ってきたのですが、実は私だけ車校出て初めてのうんてん♪となったので、正直不安でしたがね、うんてん運転面で(汗

・2012年7/20~21(金~土)

20120721_000_20120904175836.jpg

というわけで、まず車で追分まで先行して、下りの急行まりもを捕えることに。
・・・もっともコンデジなんで夜間撮影はほんとしにくい・・・。

20120721_001_20120904175835.jpg
20120721_002_20120904175835.jpg

まりもの側面幕およびテールマーク。初めて実物を見るので懐かしいなどとは思いませんが、緑ベースのテールマークはいい味出してるなー、と思わせられましたね。

20120721_004.jpg
20120721_005.jpg

こちらは、急行まりもの乗車記念証・・・・・

ん?乗ってもいないのに何で券があるのかと言いますと、実は今回同行したやまびこ君、南千歳から追分までという非常に中途半端な区間だけ指定が取れてしまい、そして乗ってしまったということなんですww普通乗りませんよ、そんな中途半端な距離でww

というわけで、ここ追分でやまびこ氏を拾い、まりもを道東で撮影するために道東道を東へ。

20120721_006.jpg

もちろん、道東道は2011年10月に夕張から占冠まで開通した新線区間も通りましたよ。ほんと、道東まで札幌圏から高速一本で行けるようになり便利になりましたよね。

・・・・で、当初は帯広か池田まで高速で一気に行く予定でしたが、道東の入り口十勝清水ICより先が工事のため通行止めになっていたので、清水町から国道で東へ向かうことに。

もちろん、この日は金曜深夜ということもあって、北海道では深夜三時から「ゆるゆり♪♪」の放送日。さらに、ゆるゆり・うたがっせんに参戦したメンバーが3人もいる車内では・・以下、御察しください(笑)

20120721_007.jpg

そして夜も明けてきた、道の駅うらほろにて。
今回は、トヨタさんの旧型ヴィッツをレンタルしました。・・単に安かったからなんだけどね。

20120721_010.jpg

そのあと、音別付近の墓のある丘(撮影地らしい・・・)にてまりもを太平洋をバックに撮影!!
朝日を浴びながら湿地帯と海が雄大に見えるこの場所での撮影、何とも贅沢な時間でした。

20120721_012.jpg

撮影地の反対方向を見ると音別駅に止まるまりもと音別町郊外東側の丘がいい感じに絡めて撮れました。
こちらはこちらで良い眺めです。

この後、新釧路川の撮影地へ車をとばして向かったのですが・・駐車する場所がわからずに撮れなかったり・・
それでも、浦幌あたりから釧路まで運転していて、雄大な風景の中、朝日が昇ってくるのを見ていると何とも爽快でした。北海道に住んでいるにもかかわらず、北海道に来たなあなんて思ったりww

20120721_014.jpg
20120721_015.jpg

この後、しばらく暇だったので釧路湿原の北斗展望台などで湿原の景色に圧倒されてくるなどしてきました。
10何年前、釧路湿原に行ったときは完全に霧で見えなかったのでリベンジできた、といったところ。

・・・・とダイナミックな風景ばかり見て刺激は受けていたものの、やはり徹夜で運転していた我々4人ともすっかりやられていて、あまり感動していなかったのかもしれませんがw

続く。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。