びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【舞台探訪(聖地巡礼)】ゆるゆり♪♪ 富山・高岡編
先日、18きっぷの消化も兼ねて北陸・信越に行った際に撮ってきました。
・・・といってもとんでもない秘境にある、1話に出てきた旅館・北原荘には行けてないのであまり箇所も多くなかったのですけどねwww

<高岡大和 3話>

YRYRCT20120906-215916.jpg
20120908_004.jpg

3話で綾乃ちゃんがバレンタインチョコを買いに来た百貨店。店内は異なります。
高岡駅北口からアーケード街を北に3分くらい行ったところにあります。

20120908_003.jpg

その大和の前の通りを走るLRT万葉線にて、ゆるゆりラッピング車が出るだとか出ないだとかという噂がありましたねww もちろん、ゆるゆりラッピング車が走り出したら撮りに行きたいところです。
※2012年9月現在は、万葉線にてドラえもんラッピング車が運行されている模様です。

<富山市民プール 5話>

YRYRCT20120906-222713.jpg
20120908_0004141.jpg

場所は打って変わって富山市内。
なお、このプールは実際には屋内プールでした。
行き方は富山地方鉄道本線、東新庄駅から南西へ徒歩10分ほどです。
・・・しっかし富山駅から東に二駅の、この駅へ行くだけで片道300円って高すぎィ。

<城端線 キハ47など>

※すべて高岡駅停車中に撮影。

YRYRCT20120906-223121.jpg
20120908_009.jpg

上は8話で出てきたキハ47、2連ですが、またどこぞのはがないのように気動車にパンタグラフを付けて描かれてましたね。実際、このワインレッド色(高岡色)のこの車両が走ってる城端・氷見線は非電化だから、当然パンタグラフなんて付いてませんw

20120908_002.jpg

なお、近年城端線内に入るキハ47,40の塗装変更が進み、ご覧のようなタラコ色(首都圏色)が増えてきているので本編のように2両とも高岡色という編成は少なくなっていますので、撮影に行かれる際にはご注意を。

YRYRCT20120906-220623.jpg
20120908_013.jpg

ちなみに、5話であかりが駆け込み乗車(駅自体は千葉の小湊鉄道・上総牛久駅)しようとして失敗したときに映っていた、キハ47の車端部の画像を比較すると、運転台から扉までのドアの窓が2つに増やされていたりしますね。

YRYRCT20120906-220705.jpg
20120908_011.jpg

駅ホームからだと後ろが壁だったので合わせられず・・・
あと、本編だと側面の上の帯が太すぎですな。

YRYROOT20120703-132638.jpg
20120908_007.jpg

続いてキハ47の車内。大まかには合っています。
ただし、細かい要素に関しては後述するように455・457・475系の車内も似ているといえば似ていたり。

91JXtMC8iKL__AA1500_.jpg
20120908_019.jpg

まず、BD1巻の表紙絵。キハ47の車内をイメージして描かれているんですが、後方の車内扉がどうみても同じく北陸の電化区間(北陸本線)を走る455・471・475系の客室とデッキを分ける扉にしか見えなくなるというw

20110904_000.jpg

参考までに、475系車内。吊り広告があってわかりにくいですが、奥にボックス席の並ぶ客室とデッキを分ける扉があります。さらに、ボックス席の間にある銀色の取っ手の形が、キハ47のものより一回り小さいので、それも本編のものにより似ていますね。
以上のようにパッと見、この475系列のエクステリアとキハ47のボックス席をミックスさせたような描写になってるんじゃないかな?と個人的に思っています。

YRYRCT20120906-223150.jpg
20120908_005.jpg

YRYROOT20120703-132658.jpg
20120908_016.jpg

また、キハ47車内にはこのように窓際に弁当を置けるようなテーブルはありませんでした。

20120908_017.jpg

参考までに。475系列の車内には形は違いますが、小さい物が置けるテーブルはありましたね、そういえば。

20120908_020.jpg

なお、475系列とはこのような車両です。昔、急行として運行されていた車両なのでデッキがあったりするんですね。

以上です。
北原荘を除けば一期の舞台を含めても、十分に公共交通機関で巡ることは可能ですので、富山地鉄の乗りつぶしのついでなどにいかがでしょうか?
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。