びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【舞台探訪(聖地巡礼)】乃木坂春香の秘密ふぃな〜れ♪2話~小樽、旭山動物園編~
2012年秋クールに放送したひだまりスケッチハニカムと同様、乃木坂春香の秘密OVAの方でも修学旅行として北海道が舞台がなりましたね。
1話では札幌近郊が登場していましたが、2話(修学旅行二、三日目)は旭川の旭山動物園、小樽が登場していましたので、その舞台を紹介したいと思います。

・・・とはいえ、旭山の方は過去に行ったものをのっけただけですが(何

<789系1000番台、エル特急スーパーカムイ>

NGHHK20121024-003008.jpg
20121013_001_20121111212435.jpg

登場したのは、785系と共に札幌~旭川間を結ぶ電車都市間特急、789系スーパーカムイです。

因みに、この列車。在来線の特急で最も表定速度が速く、まさに神(アイヌ語でカムイ=神)にふさわしい走りを体現しています。

NGHHK20121024-002428.jpg
20121013_000.jpg

で、車内は・・・・。
本編だと窓が異常に大きすぎたり、座席がすべて集団見合い席になっていますが、実際にはそんなこともなく、回転式のリクライニングシートとなっています。
この、ヘッドレスト(枕)が付いているのは、写真にあるuシート(指定席車)だけなのですが・・・デザインは似ませんね。

20110723_000.jpg

むしろ、座席全体のデザインは、他の自由席車両の車内のものを真似したのでしょう。

<旭山動物園>

NGHHK20121024-002600.jpg
NZHOK20121111-210456.jpg

入場していたのは正門です。旭川駅からのバスで行く際にも、バス停がここの目の前にあるため、大概の人が入場する門みたいです。

旭山動物園の園内マップより画像を引用。

NGHHK20121024-002638.jpg
20120724_000.jpg

ぺんぎん館の水中ドーム内ですね。ここといい、人気が集中する施設内では無人状態で、かつ本編通りに入り口向きに撮影するのは困難かと(汗

NGHHK20121024-002634.jpg
20120724_001.jpg

他にも、園内のシーンはあるのですが、具体的にどこかまではわからず・・・。
もし、また旭山に行くことがあれば、見てきたいと思います。

<JR小樽駅>

NGHHK20121024-003310.jpg
20121024_000.jpg

NGHHK20121024-003313.jpg
20121024_001.jpg

駅の前にバスを止めていますが、実際にこんな真ん前に止まることはありません。

NGHHK20121024-003325.jpg
20121024_002.jpg

NGHHK20121024-003922.jpg
DSCF369051323424.jpg

駅舎内は2012年のリニューアルで、両脇にある店舗の趣きが変わってしまってますが、以前は本編のようだったそうです。

NGHHK20121024-003932.jpg
20121024_003.jpg

ここまでは全般的に再現度高めでしたが・・・・このように横断歩道の位置が全く違うなど残念な面も・・・。

NGHHK20121024-003942.jpg
20121024_004.jpg

こう見ると、先ほどの横断歩道もそうですが、ロータリー内にある信号機の位置も違うという・・・。

NGHHK20121024-003957.jpg
20121024_006.jpg

NGHHK20121024-003959.jpg
20121024_007.jpg

<セントラルタウン都通(稲穂2丁目以東のアーケード街)>

NGHHK20121024-003952.jpg
20121024_008.jpg

この屋根部分だけ再現度が高かったです。
他にも呉服店の前を通り過ぎるシーンなどもあるのですが、建物などが一致せず。

<小樽運河(色内1丁目)>

NGHHK20121024-003546.jpg
20121024_009.jpg

まずはおなじみの色内1丁目交差点側から北へ見た小樽運河。一見、それっぽく描かれてはいるんですけど、右側の建物の位置関係が一棟ずつズレていました。

NGHHK20121024-003557.jpg
20121024_011.jpg

NGHHK20121024-003617.jpg
20121024_012.jpg

ビアパブ&ギャラリー 小樽倉庫No.1の屋根には狙撃部隊が・・・・なんてのも現実にはいませんよw

NGHHK20121024-003622.jpg
20121024_015.jpg

NGHHK20121024-003707.jpg
20121024_014.jpg

ここからは運河横の散策道に降りたところ。

NGHHK20121024-003752.jpg
20121024_013.jpg

ちなみにこの散策道沿いの道でも、運河側にはベンチはありません。

20121024_016.jpg

ベンチ自体は、先ほどの運河の定番カットを撮った色内一丁目交差点側にありましたね。似たようなのが。

NGHHK20121024-010056.jpg
DSCF36691414124.jpg

NGHHK20121024-010027.jpg
20121024_018.jpg

この夜のシーンになってくると、ますます建物の位置関係g(ry

NGHHK20121024-010030.jpg
20121024_025.jpg

NGHHK20121024-004022.jpg
20121024_022.jpg

NGHHK20121024-010102.jpg
20121024_020.jpg

NGHHK20121024-010133.jpg
20121024_024.jpg

という具合に、建物といい、道幅といい色々改変され過ぎていた小樽運河でした。
まだまだ他にもカットはありますけど、今日はこの辺で・・・。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。