びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【舞台探訪(聖地巡礼)】猫物語(黒) 国道駅編
遅ればせながら皆さん新年明けましておめでとうございます!

さてさて、新年一発目の探訪記事は2012年の大みそかに放送された化物語シリーズの猫物語(黒)にて登場した鶴見線国道駅です。この駅は、漫画鉄子の旅などで度々紹介されている、所謂昭和という異空間に行ける駅ということもあって、もともと興味もあったんですが中々鶴見線方面に訪問する機会が無く、いつかは訪問したいと思っていた駅でもありました。

因みに、ここ以外にも18きっぷのポスターでおなじみのJR予讃線下灘駅や東急沿線界隈が登場していましたが、私自身下灘駅以外は巡ることもなさそうですし、そういった舞台については各々調べていただければと思います。

<JR鶴見線国道駅ガード下>

NKMB20130104-163318.jpg

NKMBDSCN2789.jpg

駅の北西側(国道15号線・第一京浜側)の入り口から撮ったもの。

NKMB20130104-163422.jpg

NKMBDSCN2812.jpg

先ほどのガード下の中寄りにある改札口の少し先に(東に)いったところ。
ポストの位置などがズレてはいますが中々の再現度。

NKMB20130104-163430.jpg

NKMBDSCN2873.jpg

改札内の鶴見方面行きのホームへの途中の渡り通路から東側(改札や券売機とは反対側)よりガード下通路を撮ったもの。
実際には点字ブロックの位置はやや右寄りなんですな。

NKMB20130104-163437.jpg

NKMBDSCN2821.jpg

扉の位置や数の改変が多いですね、ここは。

NKMBDSCN2814.jpg

NKMBDSCN2817.jpg

あと、左奥の引き扉まで入れようとするとかなりの広角が必要かと・・・何せこのガード下は通路幅が思ったより狭いですしね。

NKMB20130104-163456.jpg

NKMBDSCN2828.jpg

そして場所も徐々に東側へ。
ここは食堂ではなく実際にはつり船屋さんでした。

NKMB20130104-163506.jpg

NKMBDSCN2829.jpg

つり船屋さんの隣にある自販機。

NKMB20130104-163515.jpg

NKMBDSCN2833.jpg

その付近から東側出口を向いたもの。

NKMB20130104-163537.jpg

NKMBDSCN2864.jpg

NKMB20130104-163627.jpg

NKMBKDSCN2838.jpg

といった感じに登場しました。

ちなみに・・・・

NKMBDSCN2874.jpg

駅の高架になっているホーム自体はちょっと古そうだけども、割と普通にありそうな駅に見えますが・・・・

NKMBDSCN2852.jpg

改札を降りると、あたかも昭和な雰囲気が残っている異空間にタイムスリップしたかのように思えてしまいますよね・・・・。
昼間に取材したのにこの不気味なまでな暗さ・くたびれ方。ほんとに時間が止まっているかのようでした。

NKMBDSCN2856.jpg

その中でも、改札口にあるSuicaのカードリーダーや券売機を見ると、一応現実では平成なんだなーと思えますね。何かこの不気味な空間の中で安心感?も感じられたりしますな。

NKMBKDSCN2841.jpg

こんな異空間な雰囲気を味わいに行くのもまたいいんじゃないかと思います。

最後に、行き方ですが鶴見線国道駅下車が一番です。ただ、日中は特に30分に一本しか列車が来ません。JR・京急線の鶴見駅から徒歩10分ほど、または京急花月園駅より徒歩3分ほどですので、京浜東北・京急線をうまく使って訪問するのも手でしょう。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。