びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらば、名鉄6600系
ST6600LRDSCN4900.jpg

2013年3月3日、雛祭りの日にラストランとなった名鉄6600系(6604F)。
パノラマカーの冷房装置を受け継いでいたりと一昔の名鉄がつまった車両でしたね。
今回は、そのラストラン1,2週間前に定期運用についてた頃の模様です。

ST6600LRDSCN4905.jpg

一番最初の写真同様、大森・金城学院前駅東側より。
6000系(右側)とも、名鉄の代名詞である赤塗装がすっかり汚れちゃってますし、双方から風前の灯な感が漂っていますね。6000の引退も近い、そんな風に思わされる並びでした。

ST6600LRDSCN4958.jpg

もうラストランも近いことだし、乗りおさめもこの時しました。
まず、先頭に貼られたステッカー状のHM。

ST6600LRDSCN4928.jpg

車内。格子状の2段式のサッシ窓や車内の色合いが一昔なスタイルと思わせてくれます。

ST6600LRDSCN4929.jpg

小窓なドアもこの形式ならではのものですね。

ST6600LRDSCN4944.jpg

格子状の2段式のサッシ窓。当初は非冷房車として導入された名残ですな。

ST6600LRDSCN4901.jpg

続いて、導入当初の2連運用の名残でもある中間にある運転台付近。
2+2な編成は6600系最大の特徴かもしれませんね。

ST6600LRDSCN4935.jpg

車内から見るとこんな感じ。

ST6600LRDSCN4937.jpg

運転台もきちんと残ってました。

ST6600LRDSCN4962.jpg

つり革。そういえば、3月3日のさよなら運転日の後、尾張旭の車庫でつり革狩りなるイベントが行われていたそうですな。

ST6600LRDSCN4951.jpg

外の車体番号。真っ赤なところに書かれた銀色の文字。これでこそ名鉄といった感じがしますな。

ST6600LRDSCN4925.jpg

車内の車体番号。

ST6600LRDSCN4942.jpg

そんなこんなで乗りおさめついでに車内の撮りおさめも完了。

つい先日(15日頃)、3日にラストランを終えた6600系がトレーラーで尾張旭から陸送されて瀬戸線を去ったそうです。
いよいよ往路の無い旅に出かけてしまいました。

私自身、瀬戸線の沿線近くに長年住んでいたとはいえ、東山線ばかり使っていたので瀬戸線をあまり使うことが無く未だに釣り掛けのボロ車ばかり走ってるイメージがどうしてもありました。が、今回の6600系を撮っている最中に、すれ違う銀色ステンレスの4000系ばかり見ていると、もう昔の芋臭い瀬戸線は消えつつあるんだなあと思わされたりもしました。そういうイメージのギャップを整理することができた引退となりましたね、はい。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。