びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流氷を見にいこう! 第二回 ~幻の橋~
流氷を見にいこう! 第一回 ~オホーツクの風で一気に・・・~の続きです。


・2013年2/15(金)

車で旭川から層雲峡を経由して糠平湖までやってきた我々一行の目当ては・・・・

201302DTDSCN3978.jpg

糠平湖名物、タウシュベツ橋梁!


ご存知の方も多いかもしれませんが、旧士幌線の遺構であるこの橋は糠平湖の湖面より下に普段は沈んでいるため、水位が下がって凍結する冬季と水位が上がりきる前(6月)までしか地上に姿を現さないので、幻の橋なんて呼ばれていたりしますね。

橋の保存状態もあまりよくなくなってきているみたく、取り壊すなどという噂も取り沙汰されていましたし、早いうちに見ておこうということで今回釧路方面に抜けるついでに見に行ってきました。

2012DTWDSCN3909_20130425204156.jpg

さてさて、車を五の沢橋梁付近の駐車場に止め、スノーシューを履いて糠平湖湖面へ。
ワカサギ釣りで歩いて行った人たちの足跡を追って進んでいくと、不自然なほどまっすぐに林が途切れている廃線跡と合流。
あと写真には撮ってないけど、このあたりで野生のエゾシカが自分の5メートル前ほどを突然横切って行ったのにはびっくりさせられましたなw

2012DTWDSCN3915_20130425204155.jpg

林を抜けて10分ほどで糠平湖湖岸に到着。
一気に視界が広がり、遥か全貌にはタウシュベツ橋梁の姿が。

2012DTWDSCN3919_20130425204155.jpg

湖面にはこれまた糠平湖の冬の風物詩、きのこ氷(?)と思われるものも。

2012DTWDSCN4015_20130425204155.jpg

湖面を歩き続けること2,30分でタウシュベツ橋の目の前に到着。

201302DTDSCN3938.jpg

201302DTDSCN3948.jpg

遠くから見ているときれいなアーチが並んでいるようにも見えますが、間近で見ると・・・今にも崩れ落ちてしまうんじゃないかというほどにボロボロでした・・・。
こういう朽ちていくものに美的感覚を持つっていうのも何かわからないでもない気もしましたね。

201302DTDSCN3952.jpg

201302DTDSCN3961.jpg

線路の通っていた橋の上にも雪と氷が、かつて鉄道が通ったいた面影もないほどにどっさりと。

201302DTDSCN3964.jpg

201302DTDSCN3988.jpg

40センチほどの厚さの氷も橋付近の線路跡と思しき所に。
こんなゴッツい氷間近で見たことないわ・・。

201302DTDSCN3999.jpg

十勝沖地震で崩落した個所。
外から見ていても、損傷跡の外部に氷が突き刺さっていてコンクリートを削っているようにも見えますが、実は
それにより内部にも水が染みこみ、それが凍ったり解けたりする「凍結融解」という現象で、より一層劣化が進行しているのだとか。

201302DTDSCN4005.jpg

201302DTDSCN4015.jpg

以上、冬のタウシュベツ橋梁でした。水没する前の雪の無い5月ごろの姿も見てみたいですね、いずれ。

ちなみに、冬場に湖面を横断していく際にはスノーシューかミニスキー板は必須かと思いますんで、そのあたりの用意はしておいたほうがいいですね。
また、五の沢の駐車場から普通に見学して往復して2時間ほどかかりますんで、時間には余裕を持っておいて損はないかと。

201302DTDSCN4022.jpg

んでもって、ドライブの方も再開。
国道沿いには士幌線の遺構と思しき物があちこちに。

201302DTDSCN4025.jpg

15時ごろに帯広市街地に入り、遅い昼食。
豚丼と迷いましたが、カレーのインデアンを選択。
一度札幌の北海道物産展で食べたことがありますが、この濃厚なルーを割と安く食べれてしまうのはやっぱり魅力的ですなあ。
スープカリー屋ばかりの札幌にも出てきてほしいところなんですけどねえ・・。

201302DTDSCN4048.jpg

あと、この日の宿、釧路へ行く前に旧広尾線の幸福駅にも寄ってきました。

201302DTDSCN4054.jpg

キハ22が2両とモーターカー1両が保存されていますね。

201302DTDSCN4071.jpg

駅舎の中には幸福という文字に肖ってか(?)、名刺やきっぷなどが所狭しと貼られていました。
もちろん、自分の名刺もどっかに貼っておきましたよんw


そういえば・・・幸福駅といえば、愛国駅と幸福駅の萌えキャラ「みゆき&めぐみ」ってのがいたはずなんですけど・・・・・
特にその手の等身大パネルとかは見当たらなかったですねえ・・・。

201302DTDSCN4078.jpg

そんなこんなで釧路到着。
ソースにつけて食べる釧路ザンギなどを戴きつつ、パーッとやって一日目終了となりました。



翌日は冬の釧路の風物詩を見に行きますよん。

次回・二日目へ続く。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。