びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天空への道~スルッとKANSAI2day豪遊旅、その4~
                                                 2011年6/26(日)

スルッとKANSAI2day豪遊旅、その3の続きです。

2日目の始まり、始まり~

DSCF8189.jpg

本日の第一ランナーは5000系明石ラッピングの直通特急
転クロだぁ!

DSCF8191.jpgDSCF8192.jpg

発車直後、姫路モノレールの橋脚跡とホテル内に駅があった大将軍駅跡が見えた~
今年から手柄山交流ステーションで姫路モノレールの車両が一般公開されることになったとか。すずむしさん曰く、姫路城改修で客ホイホイできないためB級グランプリを姫路で開催するなど、モノレール公開も客集めの一環だとか。
あと、飾磨駅にいたこのボロイ車両は何者だ?

DSCF8195.jpgDSCF8199.jpg

日本の標準時!
次に昨日は夜間移動で見れなかった滝の茶屋駅からのシーサイドロケーション!
段丘上に作られているからこその眺めか。毎朝こんな駅から通学通勤できたらすがすがしいに違いない!

っと滝の茶屋駅で思い出したのですが・・・
ネットサーフィンしてたあるときに、滝の茶屋駅や関西線の大河原駅とかが舞台になってる「ともだち同盟」なる小説があるというのを嗅ぎ付け、読んでみたところ・・・
まぁ、内容は特筆すべきこともあまりなかったんやけど、物語のツールとして18きっぷが出てきたり、関西圏のどっかの駅名が登場人物名に使われたり、運賃がキーツールとして用いられるなど・・・また、駅やその周辺の舞台考察も丁寧で作者、鉄ヲタちゃうんか?そして新手の聖地巡礼ホイホイするんやないか?って思うくらい鉄道に関するネタがそれとなく出てくるんですよ。
関西圏(特に山陽、神鉄利用者)の人には親近感の覚えやすい小説かもしれません・・

DSCF8202.jpgDSCF8205.jpgDSCF8206.jpgDSCF8208.jpg

尼崎で普通に乗り継いで大阪難波到着~っとアーバンプラスですな
南海なんて4年ぶりくらいかも・・・
あ、そろそろどこ行くか言っておきますと、今日は高野山に行きます!
画像左から二番目からそれぞれ30000系特急こうや、後輩12000系が9月から投入される10000系特急サザン、あと乗車した急行橋本行と同時出発した9000系
阪急といい同時発車ってなんかイイね!
因みにオイラは南海高野線乗るのは初めて・・

DSCF8209.jpgDSCF8212.jpgDSCF8214.jpgDSCF8218.jpg

橋本到着。連絡していた2000系ズームカー極楽橋行。だが、これには乗らない。この理由はすぐ後でわかります。
橋本はJR和歌山線も乗り入れているところですが・・・意外とコンパクトなんですね、構造が
っとウエスト戦隊ロクレンジャーのオーシャンブルーこと105系、ズームカー2200系見参!やはり顔は両サイド違いますね・・
最後に31000系こうやです。こいつには後々お世話になることに・・・

DSCF8224.jpg

橋本1034→極楽橋1121 天空1号 2200系

今回のメインディッシュの天空でやんす!
こいつはズームカーを観光列車化したものです

DSCF8227.jpgDSCF8230.jpgDSCF8234.jpgDSCF8239.jpg

この天空の特徴はオープンデッキがついていること(まあ、オープンデッキよりも室内の方が冷房きいていて全然風が心地よくなく、暑いと、半ば道民であるオイラが思ったのは公然の事実だが(苦笑))

あと先頭展望がフリースペースであったり、畳があったり(その下の棚は車販入れだったが・・・)

何か水戸岡さんの近年の作品と似ているように思うかもしれないが、そうではないと思う。この車両は和風であってやや簡素な感じがある。水戸岡さんならもうちょっと造形に凝るだろうな・・といった箇所が電球しかり、他にも見受けられた。

DSCF8236.jpgDSCF8243.jpg

ただ、この和室にあるような円の窓は気に入った。いい造形だと思う。
列車は渓谷にそって音を軋ませながらうねうねとのぼり・・・

DSCF8259.jpg

極楽橋到着!
ケーブルカー乗り継ぎまで時間がないのでケーブル車両の画像は次の回にでも

DSCF8272.jpg

ケーブルカーなんていつ以来だろう?ホンマに久しぶり・・
やっぱりとんでもない坂やね・・そりゃ標高差500m近く登るからなぁ・・
そんな中ですれ違いとは・・・鉄道技術って凄い!

DSCF8278.jpg

久々のケーブルで高野山駅到着

次回に続きます
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。