びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【舞台探訪(聖地巡礼)】サーバント×サービス12話 くしろ湿原ノロッコ号編
SVDSCN8358.jpg
2013年夏クールに放送されたTVアニメ『サーバント×サービス』12話の舞台探訪記事です。

今回は12話のルーシーのデート前夜の千早の回想シーンで登場した釧路湿原を巡る観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」になります。また1カットだけですがw

<くしろ湿原ノロッコ号2号車(オハテフ510-2)4号車(オハテフ500-51)>

SVSV12S20130920-142922.jpg SVDSCN8341.jpg
実際の車内のベンチシートの間隔は本編のように狭くはなかったり・・・・・
本編のように撮影するのは難しいかと。

SVDSCN8262.jpg
ちなみに、5両あるすべての車両が本編のようなベンチシートの形状ではなく、一致するのは2号車(自由席)と4号車(指定席)のもののみとなります。

SVDSCN8283.jpg
参考までに。3号車や5号車のベンチシートの写真も載せておきますが、背もたれ部分が木の棒1本の別仕様になってますね。

SVDSCN8307.jpg
写真は釧路側の先頭車(5号車)からの編成写真。
ちなみに、このノロッコ号の車内を撮影するなら、ノロッコ1号(釧路1254着)と4号(釧路1349発)の釧路駅で停車してる間に撮影するのがベストだと思います。
この間は発車10分前まではずっとホームにて停車したまんまですし人もまばらでしたしね。

あと、ノロッコ号は夏季のハイシーズンだとツアー客によって自由席が一気に埋められるといったこともあるそうなので、そのあたりも考えておくのが望ましいと思います。

SVDSCN4562.jpg
そして、湿原のシーズンに訪れることができない人へ。
実は車両自体は2~3月にかけてオホーツク沿岸の網走~知床斜里間で運行される流氷ノロッコ号も同じ車両が使われているので、車内のシーンをおさえるっていうだけならそちらでも可能ですw

SVDSCN8350.jpg
最後に、くしろ湿原ノロッコ号車内からは高台から見下ろす湿原といった車窓は望めませんがこのように湿原の中を走っているため、車内からでも大自然を味わうことができます。


以上です。
この1カットのために札幌から鈍行メインで釧路まで日帰りで行ってきたわけですが・・・滞在時間がほぼ無く、とんぼ帰りになってしまったので札幌など道央圏からの弾丸日帰り訪問はあまりお勧めできませんとだけ言っておきます。
関連記事

テーマ:聖地巡礼の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。