びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【舞台探訪(聖地巡礼)】普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 千葉・流山編
20150925DSCN9101.jpg
2014年夏アニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』1,2,4,5,9,13話の舞台巡り記事です。

2014夏アニメの水瀬いのりちゃん出演枠だという理由だけで食いついたかどうかはさておき(何)
2013年夏クールの『サーバント×サービス』を彷彿とさせる「公務モノ」をコンセプトにしてるのかな?と最初は思っていたんですが、終わってみるとここ最近2次元や2×3次元、3次元で急速に流行するアイドルものの中で「ご当地型アイドル」に焦点を当て、我々の視聴者も今までのアイドルもの作品には無い距離の近さや親近感を持てた、そんな作品に化けましたね。
奈々子たち流川ガールズと同じような目線でろこどるの、そして流川の街の成長の軌跡を追うことができたすばらしい作品でしたし、2014年の一迅社タイトルに外れなしといったところでしょうか?

その【ろこどる】の物語の舞台となっている『流川市』は、千葉県北西部東葛地方の流山市の各所が舞台のモデルでした。
※以下、流山駅周辺の市街地(流山本町エリア)→流山おおたかの森・初石エリア→運河エリアの順に紹介。

※【2015年4/10追記】:流山駅の13話OVAなどの分のカット追加や記事の一部修正を行いました。
※【2015年10/2追記】:5話の運河エリアの分の追記や記事の修正を行いました。

※【2015年10/6追記】:4,5,13話の運河エリアの分の追記を行いました。


<流鉄流山駅 OP,ED,1,9,13話>

fld0102locodol0120140710-172719.jpg fld0102DSCN4810.jpg
1話。奈々子の通学シーンにて。運河駅界隈のところでも触れますが、通学路は運河駅界隈でかつ、その東武野田線の路線に流鉄の車両が走ってる描写が見られることから運河駅を流山駅に置き換えたという設定かと。

fld0102locodol0120140710-172411.jpg 20150329DSCN1046.jpg
以下OPより。ホームのベンチ。冬場から春先にかけて、(写真は3月下旬のもの)はこのように座布団が作中同様かけられてるんですな。
※マツノさんでお話を聞いたところ、11月~3月まで地元の老人会の方々が座布団を駅のベンチに設置しているのだとか。

fld0102DSCN4799.jpg
比較と参考までに、昨年7月ごろの座布団なしのベンチ。

fld0102locodol0120140710-172414.jpg 20150329DSCN0962.jpg
駅西側より撮るカット。日中だと車両がホームに留置されていて撮ることができないこともありますね、ここは。

20150925locodol0920150923-112703.jpg 20150925DSCN9114.jpg
9話の駅の窓口。上の東京都区内及びその近郊の古めかしい運賃表も再現されています。

20150925locodol0920150923-112146.jpg 20150925DSCN9099.jpg
9話では流川線100周年記念行事の模様が描かれましたが、2015年9/23に開催された流鉄流山線開業100周年記念行事でも作中同様若葉号が特別列車(当日は奈々子役の伊藤美来さんも乗車)として運行されました。(到着番線こそ異なってはいますが・・)
ちなみに、ヘッドマーク然り行き先然り地元のファン有志の方が作中の再現を行っていましたね。なんとも、緩いイベントw
※イベントの模様は気が向いたら後日別エントリで。

20150329locodol1320141225-144354.jpg 20150329DSCN0940.jpg
ここからは13話OVAより。

20150329locodol1320141225-144356.jpg 20150329DSCN0942.jpg

20150329locodol1320141225-144412.jpg 20150329DSCN0947.jpg

20150329locodol1320141225-144433.jpg 20150329DSCN0943.jpg

20150329locodol1320141225-144441.jpg 20150329DSCN0950.jpg

20150329locodol1320141225-144443.jpg 20150329DSCN0952.jpg

20150329locodol1320141225-144453.jpg 20150329DSCN0954.jpg

20150329locodol1320141225-144500.jpg 20150329DSCN1036.jpg

20150329locodol1320141225-144522.jpg 20150329DSCN1030.jpg

<流山駅南側の歩道橋 4話>

fld04fld0420140728-090057.jpg fld04DSCN6449.jpg

fld04fld0420140728-090102.jpg fld04DSCN6453.jpg

fld04fld0420140728-090114.jpg fld04DSCN6462.jpg

<呉服新川屋 OP>

fld0102locodol0120140710-172423.jpg fld0102DSCN4817.jpg
流山駅より西へ行ったところ。江戸川の河川敷の手前の

<江戸川河川敷(?) OP>

fld04locodol0120140710-172617.jpg fld04DSCN6477.jpg
先ほどの新川屋からさらに西へ行った先になります。
街並みがどうも合わないので、利根川沿いなのかもしれません。

<清水屋本店 2話など>

20150329DSCN1008.jpg
2話の食レポ回にて奈々子と縁が食べた「陣屋餅」のモデルとなった「陣屋もなか」が名物の清水屋さん。
作中のように外観や内部が合うわけではありませんが、一応ご紹介ということで。

20150329DSCN0976.jpg
老舗の佇まいの中、店内の一角にはろこどるのファンの方々が持ち寄った品々や小杉先生がご来店した際のサイン入りの品々が。
放送開始して間もない7月ごろにはこんな気配が見られなかったのですが、再訪した翌(2015年)3月にはこの通りファンの憩いの場と化しているのには自分もびっくりしたものです。

20150329DSCN0980.jpg
中には理大祭(舞台となった運河駅すぐ近くにある東京理科大学野田キャンパスの学祭)のコラボパンフまで!
これ、結局手に入らず終いだったので見たかったんですよ、ええ。

20150329DSCN1007.jpg
ろこどるの食レポなど作中のイベントでも、実際の声優さんのイベントでもおなじみの白シャツに黒文字で宣伝するシャツも飾られていましたね。

<とんかつマツノ 13話など>

20151004locodol1320141225-143917.jpg 20151006DSCN9689_20151006105113370.jpg
流山駅から流鉄流山線で南へ2駅「鰭ヶ崎(ひれがさき)駅」すぐのところと、流山市街地からちょっと場所は変わりますが。
13話や食レポ回で訪れたとんかつウメノのモデルになったお店「マツノ」さんになります。
※作中では店内にカウンターが描かれていましたが、実際には小上がり×2とテーブル×2の配置になっています。

20151004locodol1320141225-143918.jpg 20151004DSC_2415.jpg
13話でも「揚げたてアツアツとんかつを、赤字覚悟の特大大盛で(byなにゃこ)」と、たぬケーキを食べた後にはお腹の意味で結構キツい肉厚なカツも野菜もボリューミーなとんかつ定食にヤラれる図が見られましたが、実際結構な量あるんですよね、このとんかつ定食(750円)。
野菜の方も作中みたくキャベツメインかと思ったら実は他にも色々入っていたりと、ちょっと昔懐かしい定食をいただいている感というか実家に帰ったような安心感(?)のある一品でしたね。

<流山市役所 OP,ED,2話>

fld0102locodol0220140711-181256.jpg fld0102DSCN4829.jpg
さてさて、再び流山駅界隈に戻しまして今度は流山駅東側のモデルとなった市役所。
奈々子をろこどるにさせた黒幕の奈々子の叔父の職場でもあり、ろこどる活動の拠点でもあります。

fld0102locodol0220140711-194912.jpg fld0102DSCN4825.jpg
2話。他にも庁舎に関しては多数のカットが登場してます。

fld0102locodol0120140711-180257.jpg fld0102DSCN4833.jpg
ED。市役所前の通り。

fld0102locodol0120140710-173758.jpg fld0102DSCN4843.jpg 
流山駅界隈を巡った後に、流山おおたかの森まで移動となった際に使った京成バス。
車体の配色は作中にでてきたものとそれとなーく似ている程度でした。

fld0102locodol0120140710-173728.jpg fld0102DSCN4847.jpg
車内。座席モケットの色も一致する車種ではありませんでしたね。
この時乗ったものは乗った系統は流03系統の流山おおたかの森駅西口行き。本数も1時間に1~2本ほどなので使う際には時刻に注意しましょう。

なお、運河駅一駅手前の江戸川台行のバスもあります。こちらの方の本数は1時間に1本ほど。
そして、初石にあるヨーデル堂のモデルになったケーキハウスエーデルまで流山駅から歩いて大体40分ほどです。


<流山おおたかの森S・C 1話>

fld0102locodol0120140710-173434.jpg fld0102DSCN4858.jpg
1話にて奈々子たちが水着を選びに来たショッピングモール。
10年ほど前に開業したつくばエクスプレス線と東武野田線の結節駅にある絶賛開発中の地域にあるためか、流山市街地より人も多かったですね。
そして、作中にも出てきた3階の31アイスクリームの店もほぼ一致してたりします。

<駒木 諏訪神社 OP>

fld0102locodol0120140710-172425.jpg fld0102DSCN4874.jpg
東武野田線の流山おおたかの森駅から一駅東に行った豊四季駅近くの神社の境内。
おおたかの森駅からでも徒歩15分ほどで行けます。

<ケーキハウスエーデル(たぬケーキのお店) 5,13話など>

20150925locodol0520140924-130344.jpg 20150925DSCN9161.jpg
流山おおたかの森と運河の丁度中間地点の野田線初石駅近く、たぬケーキのヨーデル堂ことエーデルさんより。
後述するビリケン像にこのケーキが奉納されたり食レポ回等々で登場したろこどるとゆかりの深い一品。
お味の方は、昔懐かしい甘さが光るチョコレートケーキといった感じですかね?歴史が長めの街のケーキ屋さんにあるような。
※混雑していたので今回は無理でしたがイートインも可

20150925DSCN9153.jpg
ショーケースのたぬケーキの大群。もふもふしたくなりますね?(?)

20150925DSCN9142.jpg
このエーデルさんも清水屋さん等々同様店内にはファンの交流スペースが設けられています。

20150925DSCN9135.jpg

20150925DSCN9144.jpg
ねんどろいど職人寄贈のもの。みらいちゃんかわいすぎるんじゃあ^^~~。

というわけで、ここでたぬケーキを買い込んで運河へ。
(なお、たぬケーキですが。崩れやすいケーキですので、輸送する際に天地ひっくり返したりせずに慎重に・・。)


<運河橋 1話など>

fld0102locodol0120140710-172709.jpg fld0102DSCN4888-1.jpg
最後はもう一つのメインの舞台となった運河エリアより。流山おおたかの森や豊四季から大宮行きに揺られて10分ほどの東武野田線運河駅が最寄りですね。
まずは奈々子の通学路にもなっている運河橋から。

<運河水辺公園(ビリケン像・ムルデル碑など) OP,1,2,5話>

fld0102locodol0120140710-172252.jpg fld0102DSCN4904.jpg
OPより。流山駅のところで前述しましたが、橋を渡っているのは流鉄の車両というね。

fld0102DSCN4794.jpg
奥のオレンジの車両(5000形・流星)。

fld0102locodol0120140710-172322.jpg fld0102DSCN4906.jpg
橋は柵付きの浮き橋。

fld0102locodol0120140710-172701.jpg fld0102DSCN4895.jpg
1話。運河の北側の道。これだけではなく、今後の奈々子の通学シーンに頻繁に登場します。

fld0102locodol0120140710-172704.jpg fld0102DSCN4894.jpg

fld0102locodol0120140710-172706.jpg fld0102DSCN4923.jpg
このビリケン像が目印です。

fld0102locodol0120140711-175806.jpg fld0102DSCN4917.jpg
ED。先ほどのビリケン像より少し西側にいった場所。

fld0102locodol0120140711-175821.jpg fld0102DSCN4926.jpg

fld0102locodol0120140710-172724.jpg fld0102DSCN4896.jpg
河原にあった周辺案内図と照らし合わせてみても一致しますね、地形面でも。

20151006locodol0520150923-110413.jpg 20151006DSCN9739.jpg
次回予告より。

20150925locodol0520140924-130448.jpg 20150925DSCN1572.jpg
5話より。

20150925locodol0520140924-130503.jpg 20150925DSCN1568.jpg

20150925locodol0520140924-130721.jpg 20150925DSCN1569.jpg
5話では、ゆい先輩や縁さんによる魚心くんの設定の由来にもなった流川運河こと利根運河の郷土史蘊蓄(?)が展開されました。
ただ、その内容も魚心くんの後ろにしょってる本体「ムルデル君」の由来が利根運河の開削に携わったオランダ人技師ローウェンホルスト・ムルデルだったり、実際に生息していたオイカワについても触れられるなどリアリティ溢れる設定になっていたり。

20150925locodol0520140924-130729.jpg 20150925DSCN1574.jpg

20150925locodol0520140924-130841.jpg 20150925DSCN1579.jpg

20150925locodol0520140924-130854.jpg 20150925DSCN1580.jpg

20150925locodol0520140924-130925.jpg 20150925DSCN1581.jpg

20150925locodol0520140924-130926.jpg 20150925DSCN1582.jpg

20150925locodol0520140924-130932.jpg 20150925DSCN1585.jpg
5話でスポットライトがあてられたビリケン像。大正初期に福の神として当時大流行したころに置かれたとのことです。
縁さん曰く置かれた経緯は不明とはありましたが、一説によるとこの当時、利根運河大師(四国八十八カ所巡りにのっかったもの。今で言う愛知県の知多四国八十八箇所みたいなものかと?)を開設した観光農園「森田果樹園」のオーナー森田茂男氏が、トラックなど陸運の隆盛が始まり水運産業が斜陽になりつつある中で事業自体の成功も願って福の神でもあるビリケンさんが置かれたのでは?と推測されています。

20150925locodol0520140924-130938.jpg 20150925DSCN1583.jpg

20150925locodol0520140924-131033.jpg 20150925DSCN1588.jpg
足の裏を撫でるとご利益があるというのは、通天閣の話などでも有名ですな。

20150925locodol0520140924-131041.jpg 20150925DSCN1589.jpg

20150925locodol0520140924-131122.jpg 20151006DSCN9724.jpg

20150925locodol0520140924-131125.jpg 20150925DSCN9157.jpg
さきほどのたぬケーキをビリケンさんに奉納。

20150925locodol0520140924-131150.jpg 20150925DSCN1597.jpg

20150925locodol0520140924-131155.jpg 20150925DSCN1599.jpg

20151006locodol1320141225-142811.jpg 20151006DSCN9710.jpg
13話。

20151006locodol1320141225-143158.jpg 20151006DSCN9727.jpg
ムルデル碑のあるあたり。

20151006locodol1320141225-143246.jpg 20151006DSCN9728.jpg

20150925locodol1320141225-143306.jpg 20151006DSCN9730.jpg

20151006locodol1320141225-143308.jpg 20151006DSCN9733.jpg

20151006locodol1320141225-143311.jpg 20151006DSCN9734.jpg

20150925locodol1320141225-143416.jpg 20151006DSCN9736.jpg
不審者注意の小さな看板もでてきました。

20151006locodol1320141225-143626.jpg 20151006DSCN9711.jpg

20151006locodol1320141225-143633.jpg 20151006DSCN9713.jpg

20151006locodol1320141225-143648.jpg 20151006DSCN9714.jpg

20151006locodol1320141225-143658.jpg 20151006DSCN9717.jpg

20151006locodol1320141225-143707.jpg 20151006DSCN9718.jpg

20151006locodol1320141225-143711.jpg 20151006DSCN9719.jpg

20151006locodol1320141225-143716.jpg 20151006DSCN9721.jpg

20151006locodol1320141225-143731.jpg 20151006DSCN9722.jpg

20151006locodol1320141225-144047.jpg 20151006DSCN9755.jpg

20151006locodol1320141225-144118.jpg 20151006DSCN9756.jpg
アワアワガールズの面々が座ったベンチは座面と背面が撤去されていましたね。(2015年10月初旬)

<利根運河・江戸川合流地点 OP>

20151006locodol0920150923-111931.jpg 20151006DSCN9768.jpg
みらいちゃんとゆい先輩が映ってる池みたいなこの場所は、利根運河と江戸川の結節点。
先ほどの運河駅周辺から西へ3kmほど(運河沿いの河原を歩いて片道20~30分)いったところなのでここだけはちょっと行きにくいかもしれませんね。(水辺公園北岸の利根運河交流館にてレンタサイクルもありますので、それを利用すると便利かもしれません。)

<某学校 1話など>

fld0102locodol0120140710-173244.jpg fld0102DSCN4976-1.jpg
学校のモデルは流山ではありませんでしたね。首都圏内ではありますけど。
・・・ん?どこぞの静岡・島田をモデルにした作品でも見たぞ?このパターン。


流山市及びその近郊の舞台紹介は以上です。


1話に出てきた千葉市の温水プールのモデル等々行けてないところは多いですが、来れた時に随時追加するということで。
また、舞台のばらけ方が市内の外れから外れとなってたりと公共交通機関で巡るのには、少し苦労させられましたし2話にもでてきた運河エリアの利根運河交流館(クリーンセンター)で借りられるレンタサイクルを活用したりするのもいいかもしれません。



◆◆舞台巡りマップ(流山エリア)◆◆


より大きな地図で 『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』舞台探訪(聖地巡礼)マップ を表示

一部画像は比較研究目的で引用しております。
『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』の画像の著作権は、©小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課 に帰属します。
関連記事

テーマ:聖地巡礼の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
No title
はじめまして。
アニソンを紹介するブログサイトをやってるdavyと申します。

今回、ロコドルのOP主題歌【ミライファンファーレ】を紹介する際に、是非ともこちらの聖地巡礼記事も一緒に紹介しておきたいと思いました!(写真を拝見し、角度もバッチリで見ていて面白かったので(^-^))

URLをお借りしました。不快に感じられましたら削除致しますので御連絡下さい。
2014/08/16(土) 17:28:48 | URL | davy #- [ 編集 ]
Re: No title
> davyさん。
> こちらこそ、はじめまして!また、返信の方が遅くなってしまい申し訳ありません。
>
> そして、紹介の方ありがとうございます。ミライファンファーレもそうですが、流川ガールズの歌のローカルさ(?に自分もキテたりするものでw そこから、この作品の舞台めぐりをしようかなと思ってくれる方が増えてくれると幸いです。
 
2014/08/21(木) 16:28:29 | URL | びーとる #- [ 編集 ]
No title
お初です、いつも楽しく見させてもらってます

特定のモデルはないとは公式も言ってましたが流山近郊だったとは驚きましたw
この辺ウルト●マンシリーズで頻繁に使われてましたのでよく見たらああっと驚かされましたw

次に行くときはこちらを参考にもっとよ~く見ておきます
2014/08/22(金) 22:47:00 | URL | #1wIl0x2Y [ 編集 ]
11話に出てきた場所
はじめまして、ガイナッツといいます。11話での「ロコドルフェスタ」の開催地は愛知県名古屋市での開催になりました。TVアニメで名古屋市はスルーされやすい地域なので名古屋市がスポットにあたるのが珍しいと思いました。
名古屋駅で下車してから奈々子たちがみていた場所を少しだけ自分のブログに書いておきました。ただ、奈々子たちが宿泊したホテルは予約殺到を避けるためにホテルの出入口は映さなかったみたいです。
2014/09/16(火) 18:07:09 | URL | ガイナッツ #CZ0tyan. [ 編集 ]
Re: 11話に出てきた場所
>ガイナッツさん。
>こちらこそ、はじめましてなのです。

>場所特定の記事の方、早速見させていただきました。ホテルやライブ会場に関しては不明なところが多いですよね・・・確かに。
>私も、ろこどる11話から12話にかけて「ロコドルフェスタ」の舞台として名古屋都心部が唐突に出てきたのにはびっくりさせられましたよ、ほんと。
>実在するロコドルサミットなるイベントでは名古屋開催があったわけではないのですが、今年度のゆるキャラグランプリの会場が同じ愛知県のセントレアだったりと何かとこの作品の地域おこし要素が盛り込まれたイベントが愛知・名古屋で多数開催されていることから、今回名古屋を出してきたのかなあ?と個人的に思っていたり。
>ともあれ、12話のカットもまとめて近日記事にする予定ですので、今しばしお待ちくださいまし。
2014/09/21(日) 15:04:12 | URL | びーとる #- [ 編集 ]
Re: No title
> 名無しさん。
> ご覧いただきありがとうございます。そして、お返事の方が遅くなってしまい申し訳ありません。

>あの円●シリーズにも出ていたとはw 新撰組の近藤勇の縁の地だったりと何かと様々な物語の交錯する面白い街なんだと再確認できそうですわ。

>4話以降、魚心くんの由来が明らかになった回で出てきた運河方面など多少は新カットもありますので、そのうちその分の訪問もできましたら、そちらの記事も訪問の際のご参考の力になれればと思っております。
2014/09/21(日) 15:13:09 | URL | びーとる #- [ 編集 ]
流川駅(流山駅)の椅子。
こんにちはです。

駅の椅子までここまで似てるとは^^;。

なんかでも千葉県流山市とアニメの流川市が、業務提携で流山駅の近くで行うイベントで魚心くんが来るらしいけどてっきり放送前から提携してると思ってました。

サイトに載せてますが、あわあわガールズこと徳島市で行ってるアニメイベント「マチアソビ」で着ぐるみの魚心くんアニメの宣伝で来てましたし、流山市と魚心くんのコラボとか提携とかやってるもんと思ってました。

2014/09/27(土) 17:46:32 | URL | Hikaru Larimal #LEUra8kw [ 編集 ]
Re: 流川駅(流山駅)の椅子。
> Hikaru Larimalさん
>
> こんばんは。
>
> 4話の駅近くの歩道橋のシーンなど、あまり合わない背景も見られますが物語の核になる駅前や運河といった場所に関しての雰囲気の残し方は上手いなと思わされたりしますね。再現度の意味でも。
>
> そして、流山×流川のコラボですが、確かに魚心君が背負ってる「ムルデル君」の由来も、利根運河の事業に関わったムルデルというお雇い外国人だったりと、流山が舞台なのは明白ではありますし、していても不思議ではないですよね。ただ、公式サイドは公式Blogなどでとりあえずは架空の街の設定・・・という書き方をしていたので、建前上はそういうことにしておきたいんでしょうね。
2014/09/27(土) 23:12:09 | URL | びーとる #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/20(金) 14:02:46 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。