びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201105<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【舞台探訪(聖地巡礼)】天体のメソッド 洞爺湖北部(旧・洞爺村)・西部編
20150329DSCN9946.jpg
2014年秋アニメ『天体のメソッド』13話までの舞台めぐり記事です。

今回は13話(7話のBD修正版含む)までの洞爺湖の北西側・西側(旧・洞爺村)界隈となります。
さてさて、温泉街の方などを中心に結構なカット数、舞台背景の数となっていることもありまして、この洞爺湖編は・・・

円盤の街の湖畔『洞爺湖温泉-湖畔-』
円盤の街・霧弥湖町の街中『洞爺湖温泉-街中-』
浮見堂公園やサイロ展望台、三豊トンネルなどの『北部・西部』
火山遺構が多く残る『金比羅山・西山』
天文台やしいはら本舗の建物モデルがある『壮瞥町』
豊浦駅など『内浦湾-虻田・豊浦-エリア』


の6つのエリアに記事を分けて紹介することとしました。

※この記事では、北部、西部(とうや水の駅の桟橋~三豊トンネルの順)を基本的に南下する形で以下ご紹介。
※【追記(2015年5/17)】:BD版7話の幌美内駅のモデルの差し替え(豊浜駅→とうや水の駅)についての記述を追加しました。


<とうや水の駅の桟橋 OP,5,13話など>

20141024sorameso0120141006-214514.jpg 20141024DSCN8593.jpg
札幌から車で中山峠を越えて訪れる場合、最初に立ち寄りやすし洞爺湖町の旧洞爺村エリアにあります。
まずはOPより。欄干の色が改変されていますね。

20150329sorameso1320141229-003142.jpg 20150329DSCN9944.jpg
以下13話より。

20150329sorameso1320141229-003225.jpg 20150329DSCN9939.jpg

20150329sorameso1320141229-005443.jpg 20150329DSCN9932.jpg
13話大団円エンディングもこの桟橋からでしたね。

<とうや水の駅 7話(BD修正版)>

20150517soramesoBD0720150517-145814.jpg 20150413DSCN8607.jpg
※情報は、ヒパイストの探訪メモの管理人さん(@hiphaist)さんから戴きました。

7話で乃々香たちが霊園へと向かう途中でバスに乗り継ぐシーンに出てきたバスとの乗り継ぎ駅。
TV版では香川県観音寺市(旧・豊浜町)の予讃線豊浜駅がモデルになっていたのですが・・・・・・・・
なんとBD版では修正されて、先ほどの桟橋の手前にある「とうや水の駅」の建物が駅舎部分として差し替えられていましたね。

20150219sorameso0720141117-002830_20150423232429f72.jpg 20150219DSCN4401_201504232324299de.jpg
TV版7話の豊浜駅との比較。
※【参照】:天体のメソッド 7話 香川・豊浜編
BD版では地図部分も北海道全図に替えられていたりはしますが、その他の背景は豊浜駅のままなんですね。
いやあ、確かに洞爺・虻田エリアには香川県の西讃からの入植者が多く、特にこの旧洞爺村は旧三豊郡財田町(現・三豊市)からの移民が多いから、豊浜の駅を出してきたのかなあ?という話を上の参照記事でもしたんですが・・・

これ、元々とうや水の駅を描くつもりだったのでしょうかね?謎が深まる差し替えというかなんというか、えぇ(困惑)

<洞爺小公園・洞爺中央公園 ED,12話など>

20141024sorameso0120141006-220940.jpg 20141024DSCN8595.jpg
水の駅の桟橋の西隣。EDより。

20150329sorameso1220141222-003444.jpg 20150329DSCN9951.jpg
12話。桟橋手前からの撮影。

<HONDA看板前(新聞販売所) 3話>

20150329sorameso0320141022-222058.jpg 20150329DSCN9914.jpg
オリエンテーリングで湊太と柚季の班が鉢合わせした場所。洞爺小・中央公園と浮見堂公園の間の新聞販売所のあたりになります。

20150329sorameso0320141022-222101.jpg 20150329DSCN9915.jpg

20150329sorameso0320141022-222118.jpg 20150329DSCN9917.jpg

20150329sorameso0320141022-222128.jpg 20150329DSCN9921.jpg

<浮見堂公園 3話>

20141024sorameso0320141022-221758.jpg 20141024DSCN8598.jpg
この中島のカットは・・・湖の反対側から撮るor左右反転の方が合いそうですね。

20141024sorameso0320141022-221805.jpg 20141024DSCN8618.jpg
この日は水位が低かったのでこんな感じに。

20141024sorameso0320141022-221836.jpg 20141024DSCN8619.jpg
浮見堂。厩戸王(聖徳太子)が祀られているのですが、この御堂自体は平成15年の落雷火災で焼失した後再建されたものなんだそうです。

20141024sorameso0320141022-221853.jpg 20141024DSCN8626.jpg

20141024sorameso0320141022-221858.jpg 20141024DSCN8621.jpg

20141024sorameso0320141022-221907.jpg 20141024DSCN8623.jpg

20141024sorameso0320141022-221945.jpg 20141024DSCN8624.jpg

2014102420141024sorameso0320141022-221919.jpg 20141024DSCN8625.jpg
柚季を見ていると、ここまで喜怒哀楽が激しく、そして何より活き活きとした(?)演技をする豊崎さんの役は久々だなあと思わされたりw

20141024sorameso0320141022-221951.jpg 20141024DSCN8633.jpg
浮見堂へと渡る入口のあたり。左に見えてる岩は湖畔の彫刻『夢洞爺』(空 充秋 作)の一部。

20141024sorameso0320141022-222003.jpg 20141024DSCN8635.jpg

20141024sorameso0320141022-222137.jpg 20141024DSCN8636.jpg
同じく園内にある彫刻『輪舞』(國松 明日香 作)。3話で壮瞥町の洞爺湖園地→財田キャンプ場→この浮見堂公園の輪舞と洞爺湖一周(?)オリエンテーリングの途中でまわっているシーンにて。

<STONE BOY-KAZE(TOYA)・財田キャンプ場 3話>

20141024sorameso0320141022-222133.jpg 20141024DSCN8644.jpg
3話の彫刻その2。

<サイロ展望台 1,3話>

20141024sorameso0320141022-222014.jpg 20141024DSCN8573.jpg
湖の北西、国道230号沿いにあるレストハウス兼展望台。
まずは3話より。

20141024sorameso0320141022-222039.jpg 20141024DSCN8576.jpg

20141024sorameso0120141006-214918.jpg 20141024DSCN8813.jpg
1話。店内の雑貨のお土産の売り場。しいはら本舗の店内のモデルになった場所でもあります。
撮るのを忘れましたが、トイレ近くには、こはるのキービジュアルのポスターが飾られていたり、こはるの実家のモデルとして取材されていることがうかがえます。
※撮影許可を得て撮影。

20150329sorameso1220141222-001727.jpg 20150329DSCN9656.jpg
12話。

20150329sorameso1320141229-003024.jpg 20150329DSCN9658.jpg
13話。

20141024sorameso0120141006-214906.jpg 2014102420141024DSCN8584.jpg
なお、外に置いてあったヒグマの剥製は建物自体のモデルになった民芸御殿のものより似ているような。

20150329DSCN9659.jpg
店内に掲示されているこはるのポスター。

20150329DSCN9660.jpg
POPにもサイロ展望台の娘役!ということにも触れられていました。

20141024DSCN8812.jpg
脱線しますが、この展望台の店にあったこの萌えキャラ。
洞爺湖エリアに眠る竜の秘宝『竜の涙』を探しているとうやっこちゃんというんだそうです。こんなご当地キャラもいたとは・・・。

<三豊トンネル 1,8,9話など>

20141024sorameso0120141006-214135.jpg 20141024DSCN8806.jpg
乃々香が霧弥湖町に帰ってくるシーン。
まずは、道央道虻田洞爺湖インター側の入口のカット。徒歩で訪れたので歩道側から撮りましたので若干ずれています。

smspv0115smzpv220140624-155744_20141024195237e2f.jpg 20141024smspv0115DSCN5413.jpg

20141024sorameso0120141006-214329.jpg 20141024smspv0115DSCN5416.jpg
洞爺湖側のトンネル出口。これも歩道からの撮影。

20150413sorameso0820141126-124209.jpg 20150413DSCN2061.jpg
8話。
話も中盤、終盤になってくると、このトンネル。
作中では霧弥湖温泉街から札幌が背景モデルになっている北美市内(路線バスで市内の中学校に通っていることから、洞爺駅など内浦湾沿いに位置設定があると思われる。)をつなぐもの、そして乃々香にとってこの霧弥湖町と外の世界をつなぐものという風に見れてくるのかなと。

20150413sorameso0920141201-001543.jpg 20150413DSCN8802.jpg
9話。虻田洞爺湖インター側のトンネルの出入り口より。


というわけで、今回は以上です。
旧洞爺村エリアから洞爺湖温泉街手前の三豊トンネルまでの北部・西部一帯を一気に紹介してきましたが、このあたりに関しては温泉街や壮瞥町方面と異なり公共交通機関(バス)だけで巡るのは厳しいかと。水の駅までは温泉街から一日数往復ほどバスがありますが現地での折り返し時間が僅かしかないですしね。
さらにはアップダウンも多いため自転車も不向きという具合なので、この北部・西部エリアは車で巡ることを推奨します。
※ウィンザーホテルからの湖俯瞰カットは後日収載ということで。


◆◆舞台探訪(聖地巡礼)マップ◆◆

【洞爺湖北部・西部広域】

より大きな地図で 『天体(そら)のメソッド』舞台探訪(聖地巡礼)マップ を表示

【北部・旧洞爺村エリア】

より大きな地図で 『天体(そら)のメソッド』舞台探訪(聖地巡礼)マップ を表示

一部画像は比較研究目的で引用しております。
『天体のメソッド』の画像著作権は、©霧弥湖町観光協会 に帰属します。
関連記事

テーマ:聖地巡礼の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。