びーとるのたびにっき
Blog『がくらかり』の旧館。2015年秋までの舞台巡りや列車・空の旅、イベントの記憶。
201105<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西日本、北九州巡礼の旅2011夏、#8~巡礼地其の3、軍艦島~
2011年8/30(tue)

西日本、北九州巡礼の旅2011夏、#7~JR最西端への道~の続きです

この日はご存じ軍艦島(端島)に行ってきました。
というよりもこの旅の最大の目玉でした。ここ。

2011083003.jpg

手前の船が軍艦島クルーズ船です
2階のオープンデッキと1階の船室がありましたが、もちろんオープンデッキへ移動

2011083004.jpg2011083005.jpg

出航してすぐ右手に長崎造船所が。
左は護衛艦くらま。関門海峡で事故ったやつですね。
右は建造中の護衛艦。調べてみると、あきづき型というらしいです。

建造中の護衛艦なんて見るのは初めて。

2011083006.jpg

出発して1時間くらいで軍艦島(端島)が視界に!

2011083007.jpg2011083008.jpg

建物内の和室もよく見れば崩落しつつ残ってるんやな・・・・

2011083009.jpg

天草石を天川( 赤土・石灰を混ぜた接着剤)で接合した石積み工法による護岸
日本でも数少ない護岸の例だとか

DSCF5918.jpgDSCF5949.jpg

右のようにプール跡も。波打ち際だし、この海域は波が高いから年に何回使えたんだだろう?

DSCF5967.jpgDSCF1847.jpg

ホントは廃墟の中にも入りたいんだけど、現状では島の西側にある見学道(舗装されていて歩ける)のところだけしか入れません・・・・・

DSCF2048.jpgDSCF5999.jpg

これだけ当時最先端の文明の象徴だったこの島もたった半世紀の命なんですね・・・・・
見てきて、40年前の人々の息吹が残っているような、残っていないような・・・・なんだか不思議な気分でした。

こんな機会は多分ないと思いますが、一人っきりで、堪能してみたいですね。自然の音だけ聞こえる状況で楽しみたい!

DSCF6038.jpg

帰路、島の反対側。こちらからだとより軍艦に見えやすいです。

これから数百年と時を立つとラピュタのように緑に覆われたりするのだろうか?

軍艦島については以上です

DSCF6083.jpg

長崎港に到着。港にいたこの帆船、大河ドラマ龍馬伝の撮影にも使われたそうです。
大河ドラマなんてここ最近見なくなりましたが・・・・

<おまけ>長崎電鉄の写真

DSCF6087.jpgDSCF6089.jpg

左は370形、右は1800形

2011083001.jpg2011083002.jpg

1800形と1200,1300形(どっちだ?)、右は確認できず・・・

・・・・結構長崎電気軌道って形式多いんやな・・・・
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。